Spice Handのこと

冷凍食品にこだわる味と香り

ごちそう料理は味だけじゃない
記憶と香りへの
こだわり

Spice Hand
スパイスハンドの商品は

すべて食材に合わせた味付けし
調理・加熱、冷凍処理をしています。

スパイスといっても
辛いものではありません。

甘い香りや爽やかな風味など
ハーブや香辛料を随所に
活かした商品作りをしています。

私たちの考えるスパイスは
辛さよりも素材を引き立てる
スパイスを重視してます。

人気商品の「鴨肉ステーキ」には
鴨肉の美味しさを引き立てられるよう

特製スパイスとハーブの調合によって
マリネしたうえ、加熱調理しています。

この鴨肉に染み込んだ香りがあると
ないでは、天と地の差があるほど

お肉の美味しさが変わってきます。

海外旅行をされる方でしたら
「懐かしい香りだな」と
感じるかもしれません。

日本では、和食に代表される出汁
(ダシ)の食文化が強く、香りはそれに
付随してカツオや昆布のほか素材の
要素が多分にありますが、

諸外国では、スパイスを使用し
素材に香りをプラスした総合的な
美味しさを追求している料理が
たくさんあります。

おうちで食べれる冷凍の肉料理

もう一つのスパイスは
ブランド名に由来することです。

「焼き色をつけるもの」
「あえて、焼き色をつけないもの」

素材や料理よって
火入れにも強弱をつけています。

このメリハリも欠かせないポイントです。

店で作られているような肉料理を
おうちで食べれるように追求した
スパイスハンドの冷凍食品は、

いくつものテクニックを素材ごとに
使い分け、旨味を閉じ込めたカタチと
なっています。

いつもと違うおうちご飯として、
好みの肉料理をぜひお試しください。