料理をおいしくする知恵

家庭でなかなか減らない天然塩を使い分けて肉料理で大量消費する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは『プチ贅沢ナビゲーター』
スパイスハンドです。

お家のキッチンに塩がいろいろ
あって、なかなか減らないし
使い方も分からない・・・と
困ったことはありませんか?

塩にはサラサラの精製塩のほか
天然塩と言われるものまで
種類がたくさんあります。

なので、知らないうちに塩が
増えていてもおかしくありません。

今日からでも塩を使い分けて
少しづつ楽しみながら使ってみては
いかがでしょうか。

もし、一気に減らしたい!
という方には大量消費の方法として
肉料理で利用することができます。

使い方は「マリネする時」
「調理前」「食べる直前」それぞれに
塩を使い分けることができます。

海塩や岩塩の高価な天然塩を使った
肉料理やハーブを加えたオリジナル
ソルトのアレンジ方も合わせて
ご紹介していきます。

家庭で 残っている天然塩を肉料理で使い切る3つの方法

家庭で使い切れずに残ってしまっている
天然塩を肉料理で使うには

マリネ・前塩・後塩の
3つの方法があります。

放置されたままの高級な天然塩も
活用していつもよりワンランク上の
肉料理を目指してみませんか。

そもそも一般的なサラサラの塩と
天然塩では何がちがうのでしょうか?

精製塩
スーパーで手に入りやすい
食卓塩は精製塩と言われます。

海水を電気分解(化学反応)することに
よって作られているのが特徴です。

他の製造方法よりも一度にたくさん
作れるため価格が安くてどこの
スーパーでも見かけることができます。

精製塩に含まれている成分の
塩化ナトリウム(Nacl)が

99.5%以上あるためミネラル分も
ほとんどなく塩辛さが目立ちます。

天然塩

天然塩(天日塩)は

海塩・岩塩・湖塩の3種類あります。

日本国内では海塩のみ作ることができます。

世界中から取り寄せることができる
岩塩や湖塩は値段も高価です。

さらに海塩には2種類の製法があり
海から引き込んで太陽と風の力だけで
ゆっくりと蒸発、濃縮させる製法と、

海水を煮詰めて蒸発させてしまい
結晶化させる方法に分かれます。

肉料理を天然塩でマリネすると極上の味わい

肉料理は、焼いたり、煮込んだり
茹でたりとさまざまな方法で
美味しく料理されています。

そのいずれも、生肉の状態から
天然塩と香味野菜を合わせて

マリネしておくだけで
極上の仕上がりになります。

なぜマリネするだけで仕上がりが
変わるのかは、ちょっと化学的に
なってしまうので簡単に説明しますね

天然塩をまぶすことで
浸透圧の作用が働き肉の表面に
いったん水分が出ます。

そこから抜け出た水分を再度吸収しようと
肉の内部までゆっくり天然塩や香味野菜の
風味が浸透することで、格段に美味しい
肉料理へとレベルアップします。

ビストロで定番メニューに並んでいる
リエットやパテを作るときには
最低でも24時間以上のマリネが欠かせません。

ほかにも、煮込み料理に使う肉や大きい塊で
焼き上げるローストビーフなど、天然塩で
マリネしてから調理する肉料理は数多くあります。

家庭でマリネすると極上!肉料理レシピ

①牛肉や羊肉のような赤身肉と
お好みの天然塩、コショウ、ニンニク、
オリーブオイル、ローズマリーなどのハーブ
(クミンやミントなど)があれば一緒に漬け
込んでおくとより味わい深くなります。

②一晩漬け込んでフライパンで焼き上げます。

キャンプでもマリネ液につけたまま持ち込んで
焼くだけでニンニクとハーブの香りが広がり
食欲のそそるごちそうです。

そのままで美味しく食べれるので
ソースを作る手間も省けて便利ですよ。

天然塩と牛肉100%ハンバーグ

番外編として、お気に入りの
天然塩と牛肉だけで捏ね上げる
ハンバーグもご紹介しますね!

日本のハンバーグのようにパン粉や
牛乳などでカサ増しされたふわふわの
柔らかいハンバーグではありません。

一切、つなぎの入らないハンバーグです。

材料は牛肉(赤身が最高)と塩のみ。

味わいはもう肉のパテとして
食べ応え十分、良質な天然塩が旨みの
最高にサポートしています。

フランスではステックアッシェという
ハンバーグの定番レシピです。

①牛肉のひき肉にまず塩をできるだけ
強めに入れてよく捏ねます。

肉から水分が出てくるまで少し
冷蔵庫で休ませます。

②お好みで黒胡椒を加えて再びよく捏ねます。

③小判の形に成形します。
つなぎが入ってないので火入れによる
焼き縮みを防ぐために、あらかじめ格子状に
包丁の背を使って切り目を入れておきます。

④本場のフランスでは生焼けくらいの
ミディアムレアで焼き上げますが、
できる限り火を通した方が安全です。

⑤塩味は付いているので、
ディジョンマスタードとシンプルに
食べるのが本格的です。

あまり脂がない赤身を使用するのがベス

驚くことにソースがなくても
このマスタードがよく合うんです。

肉と相性のいい岩塩と海塩それぞれ味の違い

塩の種類については先ほどお伝えしましたが

味の違いはあるのでしょうか?

もし、キッチンに種類に違う塩があるなら
ぜひ少しづつ舐めてみてください。

塩辛さの度合いや、口の中で溶ける速度
それぞれに違いがあって面白いです。

 

岩塩は・・・鉄分やマグネシウムを
多く含み口の中で、クリアに尖ったな
塩気がストレートに広がる。

 

海塩は・・・海のミネラルをたっぷり含み
自然の力で乾燥させる製法は、口の中でゆっくり
溶け出すまろやかさを感じる味わい。

 

いかがですか、

ほんの少し口に入れるだけでも
舌の上でゆっくり溶け出す感覚に
違いがありませんか?

岩塩の味わいに鉄分と尖った
風味を感じるわけには

海の底で起こった地殻変動によって
岩に閉じ込められた海水が、徐々に
結晶化して固まったもだからです。

徐々にとは言っても、数億年以上もの
途方ない年月をかけて、ゆっくりと
結晶化されているものもあるので

『海の化石』とも
呼ばれている産物です。

世界中で採掘されている岩塩は、
他の海塩や湖塩と比べて生産量が一番あります。

アンデス地方で有名な岩塩は、
鉄分などを取り込むためにきれいなピンク色を
しています。

ほかにも、着色したようなオレンジ色や紫色
ブルーもあり天然だからこその特徴といえます。

岩塩の味わいは

世界で採掘されている岩塩は、
火山や土地の影響を大きく受けて
成分変化で色や味にも違いがあります。

海塩と比べるとほとんどの場合
口に入れた瞬間に塩辛さを感じる
共通点があるかと思います。

尖った主張のある塩味が特徴です。

肉料理に使うなら
粒子が粗くて硬いので、ミルで挽いて使うと
風味が立ちます。

尖った塩辛さには赤身の牛肉や
羊肉系に合わせるのが最高です。

ガツンと力強い味わいが
お互いの旨みを引き上げてくれます。

焼く前に使う塩ではなく、食べる直前に
のせる後塩としての活用がおすすめです。

 

海塩は2種類の作り方があります。

1・加熱して煮詰めて蒸発させる
2・太陽光と風を利用して自然力に任せて乾燥させる

年間を通して雨の多い日本では
天日干しさせて天然塩を作るのが難しいので
濃度の高い海水を集め煮詰めて塩作りが
一般的になりました。

ミネラル分たっぷりな塩は
栄養面でも欠かせない調味料です。

味わいは、加熱して煮詰めている分
舐めてみると濃縮した塩辛さとグッと尖った
塩の旨みがあり最後はスッと溶けて優しく
なくなっていきます。

もう一つの作り方は

海水を塩田まで引き込んでから
結晶化させる方法です。

太陽と風の力でゆっくりと乾かすので
かなり長い年月をかけて作ります。

味わいは、無理に濃縮しないので
口に入れるとゆっくりと溶け出すように
塩味がジュワ〜っと口の中で溶ける
塩辛さがあります。

肉料理に使うなら
海のミネラルをたっぷりで
まろやかさがあるので

繊細に溶け込んでいく肉料理の
マリネや塩漬けなどに向いています。

ステーキで焼く時は、海塩でも岩塩でも
抜群に相性が良いですが、油で流されてしまわないよう
天然塩は少し強めに振っておくのはポイントです。

忘れちゃいけない肉料理を食べるときの塩

天然塩とコショウをして
美味しく焼き上げたお肉でも

食べるときにもう一度、
後塩をすることで肉の旨みが
より引き上がります。

「え!辛くないの?」

と思われるかもしれませんが
これがグッと美味しくなる秘策なんです。

口の中の唾液が一気に分泌されてくると
肉を噛み締めるたびに旨みの吸収に
敏感になります。

塩の効果で、肉汁と唾液が混ざり合い
口の中いっぱいに広がったあとは
肉の旨みが鼻まで抜けていくのが
極上な瞬間です。

お家で食事するときは外食とは違うので
減塩のために少量しか使わない方も
多いと思います。

毎日は身体に良くないですが

近頃はインターネットで良いお肉や
ワインを取り寄せて、レストランと
同じ料理をお家でも食べたいという
方が増えています。

週末にゆとりのあるちょっと贅沢な時間に
塩で味の違いを楽しむのもいいですよね。

家庭で使い切れない塩を大量消費させる裏ワザ

家庭のキッチンで放置されたまま
もうオブジェのようになってしまっている
なかなか使いきれない塩の消費
スピードを上げるには、

お好みのオリジナルソルトに
変えてしまう裏ワザもあります。

塩は、思ってるより最後まで
使い切るには時間がかかるんですよね。

さらに国内旅行に出かけた先のお土産に
もらった天然塩や、世界中の岩塩や湖塩など
めずらしさに、つい買い揃えてしまい
天然塩ばかり種類が増えて、捨てるには
もったいないと頭を悩ませてしまいます。

ここまでお伝えした塩の使い方ですが
そもそも料理をあまり作らないという方にも
ご家庭で使い切れない塩を大量消費させるための
アイデアをご紹介していこうと思います。

高級な塩がなかなか減らないときの対処法

塩に香りをつけると料理以外の使い方が広がります。

ハーブソルトにすれば
肉料理のアクセントになるほか

お風呂に入れて温まることで
塩の発汗作用と香りのリラックス効果
体感できますよ。

買ってきたドライハーブを細かく砕いて
塩と混ぜ合わせて瓶に戻すだけで
あっという間にハーブソルトが作れます。

バジル、ミント、ローズマリーなら
料理とも併用できますが、お風呂に入れて
香りを楽しむならラベンダーやローズで
オリジナルアレンジができます。

自宅でハーブを育てているなら
乾燥させたドライの状態で天然塩と混ぜると
より愛着が沸くことと思います。

天然塩は、岩塩も海塩も長い月日を
かけて結晶化されたものが多いので
大切に最後の一粒まで使い切って

また別の塩を楽しみたいですよね。