肉好きにはたまらない骨付き料理

オーブンなしでも1羽丸ごと骨付鶏ロースト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

唐揚げや照り焼き・焼き鳥など・・・

鶏肉は、私たちにとって欠かすことが
できないほど根付いた食材といえます。

一般的にスーパーで、売られている鶏肉は
部位ごとにバラ売りされているものが多く、

1番人気があるのは鶏もも肉「骨なし」です。

焼いても揚げても使い勝手がいいのが
鶏肉もも肉の特徴ですよね。

ですが、じつはあまり知られていませんが
この「骨なし」の鶏もも肉は日本ならではの
捌き方として海外では、ほぼ売られていません。

海外では日本よりも骨付きが当然のように
流通していて、もも肉には必ず骨がついています。

その理由のひとつは、

骨付きで焼き上げることで、ふっくらと
柔らかく美味しいことを知っているからです。

骨付き肉の旨さを象徴するものに
アメリカで生まれたケンタッキー
フライドチキンがあります。

アメリカから日本へ持ち込まれたのは
1970年の大阪万博のときになりますが、

独特なスパイスと衣の食感、肉のジューシーな
柔らかさに多くの人々が衝撃を受けました。

あれから50年以上も変わらずに愛され続けています。

あのフライドチキンが美味しい秘密には、
やはり骨付きだからこそ完成する味わいが
あるのではないでしょうか。

ケンタッキーでは、スパイスに漬け込んだ
鶏肉を骨付きのまま5種類の部位にカットし
高圧力のかかった鍋の中で加熱しています。

高圧力でも身がカスカスにならずに肉汁が
内部に残ったままジューシーでふっくらと
仕上がるには、骨が必要不可欠。

水分が流出しないよう骨が守って
くれているからです。

この記事では鶏肉にスポットを当てて
鶏を丸ごと味わう骨付きの良さや、
オーブンなしでも味わえる1羽丸ごと
骨付鶏ローストついてご紹介していきます。

骨付鶏が旨いのには理由がある


骨がついたままの肉は見た目にも
インパクトがあり、なんとも食欲を
沸き立たせる豪快さがあります。

ですが、

お箸を使う食文化の日本では、
手づかみで肉を食べるような作法は
タブーとされていたため、

薄くて細かくカットされたお箸で
つかみやすい肉が流通されています。

そのほか、骨付きである理由には
豪快さだけではありません。

加熱をおこなった際に骨が肉を守るため
身が固くなりづらく、ふっくらジューシーに
仕上げることができます。

骨が美味しい鶏ガラスープの秘密

そして骨には最大の旨味が隠されています。

ラーメン屋などでダシを取るために、
大量の鶏ガラを長時間煮込むのはそのためです。

鶏ガラは首骨、肋骨、尻尾など肉用を
取り除いた部分を指します。

ほとんど身はついていないのに、
鶏がらを煮出したスープからは香りと
コクがしっかり味わえるのが不思議だと
思ったことはありませんか?

その理由は、骨の中に含まれている髄液や
コラーゲンが外に染み出すことにより、
肉の美味しさが増すと考えられています。

骨から出る旨味もすべて丸ごと
味わうには身から骨を外してしまうのは
非常にもったいないことなのかもしれません。

鶏1羽から取れる肉


アメリカの祭礼ではニワトリよりも大きい
七面鳥を使ったターキー料理が定番ですが、

日本でもクリスマスやイベントの時には
1羽の丸鶏がいつもより多く流通するよう
になります。

まるごと料理するローストチキンは、
食卓を一気に華やかにしてくれます。

では、骨付きの場合に実際に食べられる
身の部分はどのくらいあるのでしょうか?

内臓を取り除いた部分
モモ/ムネ/ささみ/手羽

の4種類に分けられます。

それぞれの肉について特徴について

・モモ
唐揚げに最もよく使われている部位。
よく動かす箇所なので筋肉質で旨味と
コクがある。

・ムネ
脂肪が少なくタンパク質を多く含む。
肉質は上品ながら味わい深く、主に
ヨーロッパではムネ肉を好む人が
大多数を占めるほど鶏肉を代表する部位。

・ささみ
脂肪分がほとんどなく、豚や牛でいうヒレ肉と
同じ部分。タンパクながら柔らかい場所。

・手羽(さき、なか、もと)
翼の部分で手羽先、手羽中、手羽元の
3つに分けた名称がある。

ゼラチン質を多く含み、脂肪と皮の
バランスがいいので揚げ物、煮物、
焼き物、スープなど万能な部位

 

鶏肉は、牛肉とは違い白身の
お肉になるので繊細な味わいで脂身や
皮もすべて美味しく食べることができます。

 

丸ごと味わう!いつもと違う鶏肉料理

 

鶏肉を1羽まるごと料理にしたものは
いろいろあります。

画像のように、もち米や高麗人参詰めて
煮込む薬膳料理「サムゲタン」や

定番のローストチキンなど

これらは熱伝導の良い大きい鍋や
高さのあるオーブンを用いて、
鶏肉全体にじっくりと火を入れていく
方法です。

ほかにも、日本ではあまり見かけませんが
丸鶏を横開きにした調理法もありますので
ご紹介したいと思います。

思わず写真をパチリ豪華な鶏料理

スパッチコック(Spatchcock Chicken)
という捌き方により、丸鶏1羽が
横に開いています。

このスパッチコックで調理すると
通常の丸鶏の形では火を通すのが難しい
背の低いオーブンや、フライパンの使用でも
内部まで火を通すことができます。

このような1羽丸ごと骨付鶏ローストが
テーブルに並んでいたら、とても豪華な
メインディッシュになりますよね。

この料理はスパイスハンドで
ご購入いただける冷凍食品の一つです。

出来立ての料理を美味しさそのままに
お届けできるように急速に冷凍しています。

どのような料理なのか?というと

一流シェフが作る豪華なメインディッシュと
同じようにレシピにこだわって作られています。

鶏とフレンチの面白い組み合わせ

 

この鶏料理では、単なるローストでは
なく肉の内部まで味が染み込むように
あるテクニックが加わっています。

あらかじめマリネという
フレンチの技術を使い、

鶏肉をオリジナル香辛料とオイル、
レモンなどに漬け込んでから火入れを
しているんです。

鶏肉の旨味に香辛料の味わいをプラスし
爽やかな風味のする仕上がりはまるで
腕の立つシェフが作るものと同じ高い
完成度が感じられます。

おうちご飯に簡単おしゃれな冷凍料理

 

スパイスハンドの肉料理はどれも
本格的な調理によって作られています。

出来立ての料理をすぐに冷凍処理して
いまうのは、美味しさの重要な要素とも
いえる香りや風味を逃さないため。

食べる際に再び温めることにより、
ジューシーな鶏肉と野菜の旨味エキスを
存分に味わうことができます。

長く保存できてタイミングが自由

おうちで迎える記念日や、
週末キャンプなど大切な予定前に
ストックしておくと、

あなたのタイミングで重宝して
くれること間違いありません。

お湯での温め、またはレンジの使用で
出来立てのような温かい料理を楽しめます。

なかなか自宅で手作りするのは
むずかしい肉料理を中心に、
一流プロと同じレシピで再現している
スパイスハンドのラインナップ。

ぜひ一度のぞいてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

“おうち料理”をもっと楽しく変える秘訣

・記念日や誕生日に
・気分転換したい週末に
・ホームパーティに
・頑張った自分へのプチご褒美に
・グランピングやキャンプなどのアウト・ドアに

普段のお惣菜より存在感のある
〜「肉」料理をラインナップ 〜


レストランのような、ちょっと贅沢な本格料理が、食卓を一気に華やかにしてくれます。
加熱・調理後、冷凍処理しているためあなたのタイミングで温めれば完成。

自宅にストックがあれば作る時間を短縮でき、慌てることなく安心です。

詳しくはコチラから