未分類

誕生日にお取り寄せ『肉料理』が美味しい専門ショップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

誰にでも訪れる一年に一度の誕生日

歳を重ねるほど「お祝いなんて恥ずかしい」
「もう考えたくない・・・」なんて思います。

ですが、自分の周りにいる大切な友人や恋人、
家族が迎える誕生日はお祝いしてあげたい
気持ちになりますよね。

毎年、レストランを予約してお祝いしてる人や
友人のためにパーティを開催している方も
いるかもしれません。

ですが、近年に限っては誕生日を、
おうちで企画している人が増えています。

おうちで誕生日を祝うとどうなるのか

どこにも出掛けずに、おうちで誕生日を祝う場合に
どのような声があるのか調査してみました。

おうちでお祝いすることのメリットは
気兼ねなく安心して過ごせる。
・人の目を気にせず、自由な空間
・レストランや移動にかかる費用を節約
(プレゼントやサプライズに回せる)
・バレずにこっそり計画を進めるのが楽しい。

逆に、デメリットとしては
・いつもと同じ景観。
・外出しない分、刺激が少ない。

という意見が目立ちました。

《第1位》特別な日の人気料理

もし、あなたが誰かの誕生日を計画して
お祝いしてあげる場合に、悩ましいのが
食事ではないでしょうか。

「主役が好きな料理はなんだっけ?」

「肉or魚のどっちがいいかな?」

「なるべく豪華に見える料理は?」

など、当日に喜んでもらいたいからこそ、
いろいろ考えてしまいます。

ある統計では人気のあるメニューは
ステーキとランキングされています。

 


(20~60代 男女:2712人)2017年12月調査参照「ぱど」より作成

日本人の国民食であるお寿司よりも
「肉」がトップになっています。

肉の中でも、鶏肉や豚肉ではなく
牛肉が非常に人気です。

そもそも、

肉に関する日本の歴史を振り返ると
おおっぴらに牛肉を食べるようなったのは
明治以降といわれています。

それまでは牛は、家畜として農耕用や
運搬用に飼われていました。

開国後に海外との貿易が盛んになった
ことにより、牛肉の美味しさに開眼した
明治天皇や福沢諭吉などが、肉を健康食として
世に広めるきっかけを作っていきました。

ということは、

牛肉はまだ150年あまりの歴史しかありません。

ですが、男女問わず牛肉を好きな人が
多く人気がありますよね。

その理由に、食べた時の美味しさや、
満足感の他にも豚肉や鶏肉と比べて
ちょと高価なイメージがあることへの
憧れも含んでいるのではないかと
考えられます。

なおさら、誕生日のような
一年に一度の特別なイベントでは

「肉料理」をちょっと贅沢に用意すると
食事の準備はバッチリではないでしょうか。

手抜きじゃない!お取り寄せ『肉料理』

あなたが誰かの誕生日をお祝いする計画なら
食事の準備は欠かせません。

ですが、せっかくの誕生日を祝うディナーに
デリバリーピザの注文では

『ちょっとがっかり・・・』に思う人も
少なくないと感じます。

かといって、手の込んだ料理は作れない。

という人には
すでに調理されている料理を注文する場合に
気をつけてほしい点があります。

デリバリーやお惣菜で大失敗する理由

料理をする時間がなかったり
そもそも作るのは苦手・・・という人が

誕生日のお祝い用のディナーを
準備する時の方法として、

デリバリーやお惣菜があります。

ですが、手軽なだけに失敗すると
料理が不味くて食べられなくなる・・・

という落とし穴にはハマってしまうかも
しれません。

というのも、買ってすぐ食べれれば
いいのですが

どのお店も作ってからテイクアウト用の
パックや紙の箱に詰めて、わずかな保温を
維持できる状態で販売しているため、

時間が経つほどに冷めて出来立ての状態
から遠ざかっていきます。

例えば、奮発してステーキを買ってきても
どんどん冷めて香りもなくなり、肉の表面から
乾燥していきます。

もし、電子レンジで温め直しても
さらに水分が失われていくので肉には
火が入ってしまい、パサパサで硬くて
食べれたものではありません。

ちょっと、奮発して買ってきたにもかかわらず
そんな状態だと非常に残念です。

出来立ての美味しさを味わう方法とは

では、どうしたら誕生日のお祝いディナーに
美味しい肉料理を用意できるのでしょうか?

方法その1

生肉を購入して焼肉にする

焼肉であれば料理が苦手でも
ホットプレートをテーブルに用意して、
肉や野菜を焼くだけですみます。

インターネットで地方のブランド牛や
ご当地の野菜をお取り寄せしてもいいですし、
焼肉のタレにこだわってみるのも普段と違う
楽しみ方ができますよね。

ただ注意する点としては
部屋の中に焼肉の臭いが充満することと
脂が飛び散るので絨毯やソファ、洋服には
注意しましょう。

方法その2

プロが作った肉料理を温めて用意する

やはり、レストランと同じような
肉料理を、おうちでも堪能できれば
「美味しかった〜」という記憶
ずっと残ります。

カンタンにできる焼肉が
手軽とお伝えしましたが、

せっかくだから、

誕生日に食べるディナーは
もっと違う食事をしたい、と
思うことありませんか?

外食するのはちょっとしんどい
おうちでゆっくり過ごしたい。

という希望を叶えるのに
オススメなのは
『冷凍食品』です。

その理由を解説します。

「え、冷凍食品ってまずいでしょ」
「チープなイメージしかない・・」

そんな意見があるかもしれませんが
それはもう昔の話になりつつあります。

いまは冷凍の技術が飛躍的に進んできました。

チャーハンはしっとりパラパラ
餃子は焼き目がパリッと美味しくなり、
冷凍野菜もたくさん販売されています。

冷凍食品はイイところはデリバリーや
お惣菜のように作りたての瞬間から
劣化していく心配がなく、ながく保存
できるところにあります。

食べるタイミングを自由に決められるので
冷凍している限りは余裕を持って準備が
できて安心です。

誕生日のお祝い『肉料理』は専門ショップにお任せ

肉料理のお取り寄せなら
スパイスハンド

レストランで食べるような
本格的な味わいが楽しめる
肉料理の専門ショップのご紹介です。

自社キッチンで調理した料理を
すぐに冷凍処理することにより
香りや旨みを閉じ込めています。

食べる直前に、湯せんや電子レンジで
温めてお皿に盛り付けることで

まさに、レストランで感じる
肉料理の香ばしい匂いや
ジューシーな旨みをおうちでも
堪能できます。

なぜ肉料理にこだわれるのか?

厳しい修行を積んだトップシェフがいる
レストランでは大量生産という利益よりも、
食べた人に「美味しい!」と言ってもらえ
ることへの”こだわり”を追求している店が
たくさんあります。

スパイスハンドの目指すところは
記憶に残るプチ贅沢な肉料理です。

そのため販売量を制限しながら
流通させることで、味へのこだわりを
追求しています。

その理由には、

通常、大手企業やメーカーでは社員や
パートさんの誰にでも同じ味を生産
できるよに仕組み化されてしまい
・コストを抑えて大量生産
・工場作業では味よりも効率化が優先

どうしても味への追求は妥協せざる終えません。

さらに、添加物や薬品を加えて味を
ごまかしている冷凍食品さえあります。

レストランで食べるような
肉料理が冷凍食品として食卓に
並ぶのはこれからです。

もし、おうちで過ごす誕生日の
食事に悩んでいたら、メイン料理に
手間をかける時間を少なくしてみるのも
オススメ。

プレゼント選びや手紙を書いたり
サプライズを考えるのも楽しめますよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る